アイデア庵 庵主ブログ

 
201302
25

☆★☆「アイデア商品募集」募集に気をつけよう!☆★☆

昨今、日本が本当に動き出しているというか、変わり出しているなあと思います。
政治的な事はここでは語りたくありませんが、自民党⇒民主党⇒自民党⇒?それに伴う施策も2転3転するありさまで、、、、やはり、年金問題も含め、お尻に火が付かないと、動き出さないのかなあと感じますね^^

さて、今回は最近よくある「アイデア商品募集」なんですが、僕も昔よくいろんな所に応募しましたが、うまく成果が出たことはないです^^

アイデアが悪いのかなあ?なんて思っていたら、その後には、大体商品化されています。
「え~あの時、応募したのに~」なんて、良く思ったものです。

でも、その商品化された物は、僕がどこかに応募したりしたのとは、別のところで考えられて商品化された場合がほとんどですが。でも、なんか悔しいですよね^^
「僕が、考えたアイデアが、どこかでヒントになって商品化されたのでは?」とか、「あの時、もっと本気でやっとけば良かった~」とか「何で応募したのに審査員の方が、採用してくれなかったのか?」などなど、ぼやきながら、それをネタにビールをよく飲んでいました^^

はっきり言います、アイデア商品の審査員なんて「アテ」にしなくて全然いいです!というか、良いアイデア全部が理解できるはずがないのです。

なぜならば、そんなにヒット商品がわかるなら、その審査員は大金持ちになっていますから、、、
誰しも自分に響くアイデア商品があるのです。ですからいかに審査員と言えど、その方の「好み」のアイデアしか響きません。

ですので、たとえ、「アイデア商品募集」で仮に応募して、不採用や不合格なんて言われても、全く気にしない方が良いです。
ただし、自分が考えたアイデアがすでにかなり商品として出回っていたり、思い付いただけとか、試作などして、アイデアに不備があるかとかを試してなかったりしている場合は、この限りではありませんが。

最近の「アイデア商品募集」の中からも、ちょっと抜粋して注意点を挙げておきます。私なりの解釈を付け加えておきます。

*アイデアは、特許・実用新案・意匠等の登録、非登録を問わず、ご応募頂けます。
 但し、権利保護等に関しましては、自己責任とさせて頂いております。

答え:権利保護については、自己責任と言う事は、権利保護にしていない物については、アイデア募集でいろんな人に知れてしまうけど、それを盗用されても知りませんよ~という事です。アイデアをみんなの前で出させておいて、パクられても知らんよう~とは、どういうことやねん!!と思いますが。

*公開されては困るアイデア等についての応募はご遠慮下さい。

答え:ここもはっきり言っておきますが、誰もがその情報を得る様な場所、もしくは、書物やWEB上で公開してしまったアイデア商品に関しましては、著作権保護ができなくなる場合があります!上記の文面を捻って解説すると、「あなたのアイデアを公開するので、権利化していない場合は、誰かが先に商品化しても知りませんので、それが嫌なら応募しないでね!」という事になります。

*具体的な商談については、発案者と事業所の責任において行って頂きます。

答え:ここも「マッチングや、商談場所は提供するけど、発案者の権利が事業所の方のサジ加減で,販売価格や販売権利、販売方法も決められても当方は、関知しませんよ~」という感じですね^^

ただ、ここで注意したいのは、発案者だからといって、あまりにも権利収入をもらえると思っても大きな間違いです。
例えば、歌手のCDなどの販売価格に対する権利や、本の印税なども、価格の3%~10%の辺りだと思います。
本は少し多いでしょうが、歌なんかでしたら、作詞作曲、レコーディング、宣伝など、いろいろお金が掛かりますから、1枚売れて、権利収入は数%くらいからになると思います。

アイデア商品も同じです。今、僕がここで言っているのは、あくまでも本来あなたにあるべきの権利をさも業者や役所などの公に募っている機関に応募して、公開されてしまう恐れを安々と受け入れるのには、よくよく考えましょう!と言いたいだけです。

もちろん、パテント保護されていて、試作などされてアイデア商品の方向性が見えていて、後は量産する」作業と売る作業に入っている物は、良いかも知れません。
あくまでもあなたの「生まれたて」や「よちよち歩き」のアイデアに対して、偉い人か知りませんが、相手を特定できない見ず知らずの多数の人に公開しちゃって良いのかなあと思っちゃったりします。

*万が一、損害が発生した場合でも、当方では責任を負いかねますので、ご了承の程よろしくお願い致します。

答え:トドメの「あなたたち個人が、企業さんに有利な条件を突きつけられて、本来発案者にある権利を取られてもそんなの知ったこっちゃないよ~」という事です。まあ、お見合いパーティーの会場をセッティングするだけの世話役みたいな感じですね。出会いは作るけど、相性とかあるから勝手にして~みたいかな?あなたのアイデア商品も「どらどら、見てあげようかい?」的な感じだと思います^^

☆ああ~また僕言いたい事、言っちゃった~みたいな感じですが、ほとんど事実ですから、、、僕もこういうところに何度も何度も足を運んで、まともに相談に乗ってくれない、試作する所をたらい回しにされたり、やる気のない対応をされて、挙句の果てに自分の考案を暴露されて、「なんやねん、それなら自分でやったる~」と言って、立ち上げたのが「アイデア庵」ですから、、、すみません、いろいろ発言して、、f^_^;

でも、ご自分のアイデアを誰かに話したり、作ってみたり、動かしてみたりしないと前には進みません。私は、自分の権利をちゃんと主張していきたいです。だから、同じアイデアマン(アイデアウーマン)の権利もちゃんと主張できるようお手伝いができればとアイデア庵を運営しております^^みなさん、アイデアでやってやりましょう!

 
アイデアの種が満載? 庵主ブログ
【無料】アイデア商品に関するご相談承ります! お問い合わせはこちら
 

アイデア商品の試作、アイデア雑貨の商品化ならアイデア庵

販売業者:セイワシステム

所在地:〒581-0025
八尾市天王寺屋3-84-2
レックスプラザ八尾志紀1005

TEL:06-6788-6341

E-Mail:info@idea-an.net

代表者名:小西和也

ページのトップへ
Copyright © 2013-2020 アイデア庵. All Rights Reserved.